外来案内

  1. 診療科
  2. 内科
  3. 外科
  4. 整形外科
  5. 消化器科
  6. 放射線科
  7. リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科について

笑顔あふれる元気なスタッフと、充実したリハビリ器具で、患者様一人一人に合わせたリハビリテーションを提供します。

当院のリハビリテーション科では、患者様が住み慣れた地域で継続して生活ができるように入院・外来・訪問・通所リハビリのそれぞれが連携をとり、より効果的なリハビリを提供しています。

リハビリ室は302.01㎡のゆとりある広さと、高い天井を有し、西海橋や大村湾を一望できる広い窓から、西海市の自然と太陽の光を感じながら、気持ちよく毎日のリハビリに励んで頂くことができます。

リハビリテーションとは

re(再び)+ habilis(適した)、すなわち「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」を指します。リハビリと聞くと、病院で行われている訓練を思い浮かべる方が多いとおもいます。
人は普段している行動、すなわち食事、トイレ、歩行、入浴など日常生活上で普通に行われている動作があります。これらの動作が怪我や病気により障がいされて行われなくなった際に、もう一度獲得、回復することを意味します。
これらをサポートするのが理学療法士や作業療法士、言語聴覚士です。

施設基準・対象疾患

脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳外傷、脳炎、低酸素脳症、髄膜炎、脳腫瘍、脊髄損傷、脊髄腫瘍、脳腫瘍術後、てんかん重積状態、ギランバレー症候群、多発性硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、運動ニューロン疾患、末梢神経障害、皮膚筋炎、多発性筋炎、高次脳機能障害、廃用症候群、脳症麻痺等

運動器リハビリテーション(Ⅰ)

上下肢の複合損傷、脊椎損傷による麻痺、体幹・上肢・下肢の外傷、体幹・上肢・下肢の骨折、切断・離断(義肢)、運動器の悪性腫瘍、関節の変性疾患、関節の炎症性疾患、熱傷瘢痕による関節拘縮、運動器不安定症等

 


専門療法

理学療法


理学療法とは、病気・けが・寝たきりなどによって身体が不自由となった人々に対し、身体と心の両面から機能回復・維持を図る医療の1つです。
実際には各個人の状態を調べて全体像(身体機能・心理面・リスクなど)をつかみ、適切な治療方法・目標を設定後、運動療法や物理療法を行い治療を進めていく医療です。

当院理学療法特色

医師の指示のもと幅広い疾患に対して理学療法を実施しています。
当院では日常生活での動作能力の回復や体力の維持・向上、廃用予防を患者様主体に居宅生活を想定した実践的なリハビリテーション、最適な生活の提供を行っています。また、けがや病気の方だけでなく、リハビリが必要と予測される人々に対し一人一人にプログラムを組み患者様に合ったリハビリテーションの提供を行っています。リハビリ室での運動だけでなく、病棟での実際に必要とされる動作を行い動作の回復、生活の質の向上を提供しています。
また当院では、退院された患者様には、通所リハや訪問リハと提携しより生活しやすい環境を提供しています。
外来リハビリテーションでは、自宅での生活が安全且つ安楽に出来るように身体機能の維持・向上を図り運動や自主訓練を指導するなどのリハビリテーションを提供しています。

作業療法


作業療法では、病気や事故などで障害を持った方々に対して、疾患別機能練習だけでなく、福祉用具・自助具を用いた日常生活動作訓練や生活しやすい環境の整備を行っています。
また、手工芸や園芸・絵画など様々な活動も取り入れ、心身共に機能を高めるよう援助・指導を行っています。

当院作業療法特色

当院では、身体機能面に対し実際に生活する場面を想定し、食事動作や更衣動作の練習を行い機能回復を図っています。また、認知症や精神面に対しても一人一人に適した作業を用いて日常生活に支援しています。個別リハビリだけでなく集団でのリハビリや園芸作業を取り入れたりするなど他の患者様とのふれあいも大事に行っています。
外来リハビリテーションでは、実際の生活や仕事の場面を想定し、家事動作や職場への復帰、再就職の為にリハビリテーションを提供しています。

言語聴覚士とは

病気や事故、発達過程(小児から高齢者まで)などにより、私達が普段自然に行っている「話す、聞く、食べる」といったコミュニケーション能力に障がいがある方々に対して専門的なリハビリを提供し、その人らしく生活が送れるように支援するのが言語聴覚士です。
実際に生活されている現場を検査・評価し、食事・発声練習や指導を行います。また、患者様だけでなく実際に生活の場に関わる施設・医療スタッフや御家族の方々にも指導を行い生活の質の向上を支援します。

小児リハビリテーション

運動機能面や認知面、又は言葉や食べる機能に対する発達を促し、ご家族の皆様が安心して生活できるよう、サポートをしていきます。

物理療法

温熱療法、水治療法、光線療法、電気療法などにより痛みや循環の改善を図ります。
当院では様々な物理療法器具を取り揃えており患者様に合った治療を選択しています。



理学療法士、作業療法士養成校実習指定病院

受け入れ状況
・長崎リハビリテーション学院
・医療福祉専門学校緑生館
・柳川リハビリテーション学院
・麻生リハビリテーション大学校
・長崎医療技術専門学校

出身校

・長崎リハビリテーション学院
・広島大学
・麻生リハビリテーション大学校
・医療福祉専門学校緑生館
・熊本リハビリテーション学院
・こころ医療福祉専門学校


ページの先頭へ