入院・面会案内

  1. 入院について
  2. 面会について

入院について


医療療養病棟 110床 (3F 57床 / 2F 53床)
 ・在宅復帰機能強化加算 算定病棟

急性期の治療を終えても引き続き医療の必要性が高く、病院での継続的療養が必要な患者様を入院の対象とした病棟です。
国が定める医療区分、ADL区分に基づき、医療の必要性が高い方(医療区分2~3の方)を中心として受け入れています。

(医療区分2~3の状態例)
 医療区分2・・・気管切開の方、神経難病の方、継続的なリハビリが必要な方、1日8回以上の痰の吸引を必要とする方、うつ病の方など
 医療区分3・・・酸素療法が必要な方、24時間持続点滴が必要な方など。

自宅療養が困難で入院して長期療養を必要とする患者様に対して、医療・看護・介護・リハビリを行っております。
医師・看護師・ケアワーカー・理学療法士・作業療法士・管理栄養士・薬剤師・医療福祉相談員等がチームを組んでお世話致します。

入院中の一日

6:00
起床
8:00
朝食・口腔ケア
9:00
清潔ケア
10:00
リハビリ・入浴
12:00
昼食・口腔ケア
13:30
清潔ケア・リハビリ・入浴
16:00
清潔ケア
18:00
夕食・口腔ケア
20:00
清潔ケア
21:00
消灯

食事

主治医の指示により必要に応じ治療食を提供し、管理栄養士による食事指導を行っています。
食事制限をされている患者様もいらっしゃいますので、飲食物の持ち込みの際には、医師、看護師にご相談下さい。

入浴

患者様の状態に合った方法で入浴します。
一人浴(介助にて)・特殊浴・シャワー浴があります

洗濯・衣類

病衣は患者様でご準備していただくか、病院が支給する病衣をご利用していただくことができます。
当院で洗濯を依頼される場合はお申し出下さい(1枚¥100)
病棟備え付けのコインランドリーをご利用していただくこともできます。

理美容サービス

病棟スタッフへお申し込み下さい。
訪問理容・・・・¥1,800  1回/1ヶ月 (入院費と一緒にお支払い)

入院時ご用意していただくもの

歯ブラシ、歯磨き粉、コップ(うがい用)
箱ティッシュ
タオル4~5枚
バスタオル1~2枚
湯のみ(楽のみ、ストロー付コップ等)
下着3~4組(前開きの着脱しやすいもの)

スリッパ、シューズ等
靴下
爪きり
髭剃り
くし


 <その他必要時>
 食事用エプロン / お菓子用タッパー / 入れ歯用容器 / イヤホン(TV用)
 ウエットティッシュ / ポータブルトイレ用敷きマット / 洗濯物用バケツ(ご自宅で洗濯される方)

 *持ち込まれた品物や衣類には記名をお願いします。

入院手続きに必要なもの

入院手続きの際に以下のものを1F受付にご提示下さい

  1. 保険証 (社会保険、国民健康保険、後期高齢者保険、医療券〈生活保護の方〉)等
  2. 介護保険証
  3. 高齢受給者証
  4. 身体障害者手帳及び、福祉医療受給者証
    原爆手帳又は、被爆体験者医療受給者証
    後期高齢者医療の限度額適用・標準負担額減額適用認定証
    介護保険標準負担額減額認定証
ページの先頭へ

病室のご案内

病室は多床室(4~2人部屋)、個室がありますが、病状によって病室を決めています。
全ての病室にトイレ・洗面台を完備しています。
個室にはご面会・付き添いの方が休めるスペースがあります。


(4人部屋)                       (個室)

ページの先頭へ

面会について

ご面会

  1. 面会時間・・・10:00~20:30
  2. 面会時間以外に来院される場合は、病棟師長へご相談下さい。
  3. 乳幼児の御面会は、感染症などの防止のため、大変恐れ入りますがご遠慮願います。
  4. 患者様の状態等の理由で、ご面会を制限させていただく場合があります

付き添い

  1. 患者様の状態により、付き添いを希望される方は、看護師長までご相談下さい。
  2. こちらの判断でやむを得ず付き添いをお願いする場合もあります。
    また、付き添い用貸し出し寝具、付添食もご用意できますので、各病棟スタッフに
    お申し付け下さい。
    付き添い寝具、付添食ともに有料となります。

ページの先頭へ